2012年6月9日土曜日

Amazonの日本とUSの価格を比較したサイトを作ってみた

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
はてぶのどこかの記事を見かけてAPIの勉強がてらつくってみました。

・Amazon輸入品価格比較
http://webcafe.x0.com/amazonimport/














日本のAmazonの輸入品のCD、DVD,ブルーレイ、洋書、ゲーム等の値段とUSのAmazonの値段を比較してみました。 中には海外で買うほうが安いものが見つかるかもしれません。


●今回やったこと
AmazonAPIを使ってデータを収集してみました。
APIの使い方や説明のドキュメントはここ。AmazonAPI開発ガイド
丁寧にたくさん載せてくれているので読むのに時間がかかり
オペレーターやレスポンスも多様なのでその辺の理解が大変でした。
あと、パラメータも手順にそって暗号化しないと駄目みたいで
その辺は先人の方のやり方を真似ながらこなしてみました。
参考 http://d.hatena.ne.jp/p4life/20090510/1241954889

APIを使って、searchコマンドであるジャンルの日本の商品最大10個のデータを取得して
lookupコマンドでUSと同じ商品コードのものをとってきて比較しています。
その際レスポンスを2、3種類指定してやることで目的のデータをリクエストするような感じで。

次にこのデータを定期的い更新させるのにcronを使ってみました。
Botというんでしょうかこういうの初めてで結構便利ですねえ。
twitterのBotも同じ感じでいけそうですね。
さくらだとコントローラパネルから、直接phpファイルを指定するだけで動いてくれました。
ただ、実際やってみるとデータ取得からDB保存まで10秒近くかかっていたため
少しでもサーバーの負荷を減らそうと、間隔をあけて少しずつデータを取得更新させるようにしました。

codeigniterに関してデータベースの読み書きやページネート、検索、並び替え、
いくつかの機能を実装してみてそれなりに慣れてきたかな。
次はまだ考えてないですが、またAPI関係やってみようかな。

5 件のコメント:

  1. もしよければソースなど教えてもらえないでしょうか

    返信削除
    返信
    1. 全てのソースコードということでしょうか?
      それほど難しい内容でもなく、きっちりしたコードでもないので
      公開する意味がないと感じているのですが、目的は何でしょうか?
      本当に必要であればファイルとして送りますが

      削除
    2. 返信ありがとうございます。
      こちら今Amazon APIの勉強中でとても興味深いと思いメッセージ送らせていただきました。
      よろしくお願いします
      田中寛人

      削除
    3. こちらに暫くファイルを置いておきます。

      https://dl.dropboxusercontent.com/u/68905431/code.zip

      削除
  2. ありがとうございます
    もしよければ連絡ください
    skype tadmkox
    mail pointseny@yaoo.co.jp

    返信削除