2012年5月15日火曜日

RailsからPHPの何かへ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
自分はWEBサイトの作成をRailsから始めました。
素人の自分でもルールさえわかってくれば簡単に動的サイトが作れてしまう
魔法のようなフレームワークだと思います。
また、Rubyという言語もコードがすっきりしていてコード量が少なく
こうしたいんだけどーってなんとなく書いたら通じたりして融通の利いてくれる
使いやすい言語だと思います。

ただ不満な点があって、環境の構築部分と「フレームワークの感じ」でしょうか。
Windowsと相性が悪く、なにかを新しく実装しようとするとめんどくさいことが多いです。
また、運営しようとするとVPSがほぼ必須なのでその辺の知識が必要になる。
Macやlinux系に慣れているひとであれば問題ないのでしょうが
自分にはちょっとまだ早いかなーという印象です。

フレームワークの感じと書いたのは自分でも説明しにくいのですがふわふわした感じなんですよね。
自分で十分に理解しないままでも、これやってーって命令したらできてしまうというか。
逆に予約されている命令以外のことはことごとく断られるみたいな。
(この辺は自分のスキルの問題もあるでしょうが)

自分にはちょっとRailsは早過ぎたのかもしれない。
まだまだやれていないこと、やれるはずなことがたくさんあり、残ったままになっている状態。
それらを消化していくには引っぱたいて背中を押したら強引でも動いてくれるようなものに
試乗してみようと考えました。

結果、よく使われているPHPでWEBサイト的なものを作っていこうと思います。
レンタルサーバーでも手軽に扱えて、Winでも使いやすい。
小回りが利くので、その分を、デザイン、使いやすさ、コンテンツに力を入れて
いいものを沢山作れるようにしていきたい。(切実)

PHPは前にCURD機能やそこらの基本を使ったサイトは作ったことがあるのですが
フレームワークを使わなかったのでかなり大変でした。
いま選択しようとしているのはCodeigniterというMVCタイプのフレームワークです。

Codeigniterユーザーガイド(日本語)
http://codeigniter.jp/user_guide_ja/index.html

ユーザーガイドに一通りの機能のやり方が日本語で書かれています。
CakePHPも考えたのですが、ほぼRailsぽい感じがしたので逆に避けました。

PHPで納得できたら、Railsに戻って本格的なものをやってきたいという思いです。

ほんとはUnityとかで3Dネットワークゲーム作りたかったけど
そんな余裕ないなあ

0 件のコメント:

コメントを投稿