2012年5月30日水曜日

いろんな生放送サイトのライブ視聴者ランキング作ってみた

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
WEB上でライブ放送ができるサイトが増えてきましたね。
Ustream、Justin、にこ生など昔からある規模の大きいサイトはよく知られていますが
最近はいろんなところでライブ放送ができるサービスが増えてきてます。
ということで作ってみました。

ネットキャストランキング
http://webcafe.x0.com/netcast/












後発のサービスは個人で作っておられる方もいて他とは違った雰囲気があります。
Ustream、Justin、にこ生以外にも自分にあった楽しめるライブを探してみてはいかがでしょうか。



●ここからWEB作成に関して
今回、少しずつ勉強してきたPHPフレームワーク、Codeigniterを使って作成しました。
といって、DB関連は使っていないので、MVCではなくVCだけしか使えてません。
それでもルーティングをしてくれるのは楽ですね。
必要な機能もよく使われるPHPのライブラリのファイルをコピーすればそのまま使えるのも
PHP系フレームワークのいいところですね。まだまだ使っていない機能があるのでそこらへんもやっていきたい。

サイトの主な機能を作るにあたって
データ収集のため各サービスのAPIを使ってオブジェクトに直して使ったり
APIがないところはhtmlをパースしてデータを取得したりしてみました。
API自体使うのは初めてなんですが、ドキュメントやらもある程度そろっていて
結構簡単に扱えるものなんですね。

使ったパーサー
・XML
Simplexmlライブラリ
http://php.net/manual/ja/simplexml.examples-basic.php
libraryにコピペして読み込むだけで簡単に使える。

・Json
json_decode($json);
元からあるメソッド

・Html
simplehtmldom
http://simplehtmldom.sourceforge.net/
これもlibraryにコピペして読み込むだけ。

以下のようなAPI集みたいなサイトもあっていろいろ調べてやってみたいですね。
http://wafl.net/


データの取得更新について毎回データ収集処理をして最新の情報を取得して重い処理をしたりするのか悩んだんですが、とりあえずはリアルタイム性は必要ないと思い一定時間過ぎてサイトを回覧したときにデータの収集と更新をするようにしました。
この点でCodeigniterはキャッシュ機能で更新時間を簡単に設定できるので
キャッシュを使って処理を軽くする+データ更新が両方同時にできたのは楽でした。

次はCodeigniterのDB関連を学びつつそれを使ったサイトを作ってみたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿