2012年3月24日土曜日

CentOSをインストールしてみて使ってみた感想

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
RailsのgemでV8なんとかとかその辺のインストール時にWindowsではなかなかうまくいってくれないのでlinuxのOSを使ってみることにした。

linux系といってもいろいろあるみたいですが、VPSを今度使ってみたいので
VPSで使われているOSとして一つCentOSを選んでインストールしてみました。

しかしwindowsがどうしても必要なときもあると思うので
デュアルブートと言う形でどちらも起動できるようにインストールし直しました。
(仮想マシンに載せる方法が最近では多いみたいです。しかし自分のPCの性能だときついと感じたのでデュアルブートにしてみました)


OS関係がほぼわからない初心者であるのですが
今の時代グーグル先生に聞けばなんとかなるのです。

デュアルブートに関してはこちらを参考
http://www.linuxmania.jp/dualboot1_c5.html

CentOSについてはこちらを参考
http://www.kkaneko.com/rinkou/linux/centosinstall.html

以下の部分を少し変更しました。あとは大体おんなじ。

・OSはwinXP,CentOS6.2
・順番はXPを先に、パーテーションの半分をXP領域として使用してセットアップ。 
*パーテーションを設定しなおすと、データもすべて綺麗になっちゃうのでバックアップしておくこと。


centOSインストール時に
・パーテーション設定のタイプを 空き領域を使用するを選択。
・インストールアプリの種類を Software DevelopmentWorkstation

時間はざっくり
CenOS用のDVD作成 1時間
XPのセットアップ 1時間
CentOSのセットアップ 0.5時間

あといろいろ調べながらやって 合計大体5時間くらいかかったかもしれません。
でも、エラーなどは詰まったところはほとんどなかったのでそれほど難しい作業でありませんでした。これも先人の方々の記事のおかげ。

デスクトップのスクリーンショットを撮ってみました。


新鮮でかっこよく感じますねえ。
デフォルトでいろいろなアプリがインストールされて
だいたいのことはできるようになっています。
ブラウザはデフォルトでFirefox、自分はChromeになれているのでダウンロードして切り替えました。

CentOSを使ってみた感想ですが
●良いところ
・無料
・railsを使う場合にwin特有のエラーに悩まされずに済む。。generateも早くなった。
・ウイルス感染などの心配がほぼない。
どういう理屈かしらないけどそうらしい、調べてみたらこちらの記事が参考になりました。http://www.tepa.jp/technical_abc/linux_anti_virus-01.do

・起動、終了が早くなった。
(xp比較、これは一度HDDをリカバリして綺麗になっている影響もあるのかな)
・新鮮な気分を味わえる、なんか見た目がかっこよく感じる

●悪いところ
・アプリ系は対応していないものが多い。ゲーム系はほぼ全滅か
・winのoffeceが使えない。word,excelなど、openoffice的なものがあるがもっさりしている。
・winのときのファイルが開けない場合がある、解凍ソフトも何か挙動が違うみたいでうまくいかないときがある
・CUIで操作する必要もでてくる。インストールや起動などなど。
(CUIになれている人は特に問題ないですね)

ネットサーフィン+サイト作成などする上では不自由なく使える感じ。
ゲームやアプリを楽しみたい人はwin環境が必要。

新鮮な感じを味わえるのが個人的には一番メリットかな。
いや本当に。OSを初めて起動できたときのテンションは上がり方は保証します。
OS切り替え作業をする前はバックアップを忘れずに。

0 件のコメント:

コメントを投稿