2011年12月22日木曜日

ウェブデザイン技能検定 3級について

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

11月に受けてみたウェブデザイン技能検定 3級について1週間遅れで合格発表があり
今日確認したところ合格していました。良かった~。

実際、力量を見る上では資格より実績なので飾りみたいなものですがやっぱうれしいですね。
一応国家資格らしいんですが、3級は合格率50%くらいあると聞いたんで難易度的には普通なんでしょう。
1級にもなると10%くらいらしいです。

3級の実際の試験の内容についてちょっと。
学科はインターネットの基本的な知識やサイト作成に関する基礎知識を問われる問題でした。
合格基準は7割正解。サイトを作成したことがあるなら7割は知っているような問題です。
ただそれだと心配なので教材を買って、1,2回通して、知らない用語を暗記して合格できたという感じかな。
4択の25問だったと思います。かなり時間が余った。受けていたほとんどの人は時間前に退出していました。

実技のほうは、これもサイトを作成したことあるなら基本的な内容です。
問題の指示に従って、HTMLで文章を修正したり、メニューのリンクを関連付けたり、正しい背景画像、素材を選択してCSSで適応させたり。
内容自体は難しくないのですが、実際やってみると結構てこずりました。時間ぎりぎりだったと思います。

実技に関しては以下を注意したほうがいいかもしれません。
①問題の理解
②違うOS、パソコンでの操作
③マークアップツールの選択

①についてですが、どの試験もいえることなのですが
何を試されている問題なのかを理解しないと、せっかくやった作業を一からやり直さないといけません。
何も考えずに指示通りやっていると、ミスに気が付かないであとで気付くことがあります。
これは教材とほぼ同じ形式の問題なので慣れておいたほうがいいかもしれません。

②と③については特に重要だと感じました。
自身古いWINのOSとNetbeansでコーディングに慣れているのですが
違う環境のパソコンで操作すると慣れるに時間がかかりました。

例えば違う人のパソコンを操作したことがあるなら、まずマウスの挙動に違和感を感じるでしょう。
それがOS、コーディングのツールが違えばどうなるか想像できると思います。
自分はこれを軽く見て何の対策もしてなかったので痛い目に合いました。
試験スタート!から5分程度操作に慣れるのに時間を費やしてしましました。
また各問題でファイルの作成、コピー、削除などの操作に1分程度てこずっていたと思います。
その結果、失った時間を気にして焦ってしまい、1つのミスをして
それを全部書き直して時間ぎりぎりでなんとか完成したという感じでした。

まあ受かったので良しとしますが、初めて受ける方はこの経験を参考にしてもらえればと思います。


また並行して勉強していた基本情報処理も合格しました。こっちのほうがうれしい。
私自身いままで情報系の学校にいったことがないのですが、難かしくないですか?・・・
情報系の学生はなんなくこなすんでしょうか。うーん、全然修行が足りませんね。

資格を2つ取れて名目上は国から基本的な知識を持っていると認められたということで。
資格は次どうしようかなあ。2級と応用処理が次段階としてありますが
知識があっても実績がないと・・・。
しばらくはサイト作成、プログラミングに励もうかな

0 件のコメント:

コメントを投稿