2011年8月19日金曜日

rails 管理画面を簡単に作ってくれるtypusをやってみた

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
railsのデフォルトの画面は文字だけでレイアウトもなく寂しい感じだが
typusを使うと簡単に管理画面を作ってくれるらしい。っていうことで試しました。
ついでにadminアカウント認証機能も付けれるみたいなのでそれもやってみました。

公式
https://github.com/typus/typus

こちらにデモがあります。
http://demo.typuscms.com/admin

・gemファイルに
gem 'typus'

・bundleインストール
bundle install

・admin登録できるようにする。
rails generate typus:migration

このコマンドでadmin_userが作成されるみたい

・テスト用のモデル
rails generate scaffold post tittle:string body:text
rake db:migrate

・ジェネレーターで、ビューを作る
rails generate typus

もし、あらたにモデルを作成したら
rails generate typusで対応するビューを作らないと反映されない。(これにちょっとはまった)

これでできあがり。localhost/adminにアクセスしてアカウント登録画面になる。


以下のwikiも参考になる。権限機能やDeviseとの連携もできるようだ。
https://github.com/typus/typus/wiki/recipes-devise-authentication


そのほかにもよくある管理機能追加のgemでは
railsadmin→見栄えもよく多機能。人気のやつ。(自分はなぜかうまくインストールできなく断念)。
http://demo.railsadmin.org/admin

activeadmin→個人的にはこれが良いとおもったけどあまり資料がないみたいで。データ検索は細かく設定できて高性能。ログイン管理もついてる。
http://demo.activeadmin.info/admin

ライセンスがどうなってるのかぼんやりしかわかってないので
無難なtypusかなあ。avtiveadminってすごい便利そうなのに使ってる人少ないのかな。

しかしいろんな機能を付けてくれるのはありがたいけど
細かいところは自分でしないといけないってなると
便利なgemを細かく理解するよりdeviseだけを使ってこつこつやったほうがやりやすい気がしてきた。
良いところをうまく使えるような器用さを身に付けたいですね

0 件のコメント:

コメントを投稿