2011年8月11日木曜日

ウェブデザイン技能検定について

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
Web系の資格としてウェブデザイン技能検定を取りたいと考えています。
なぜ取りたいかと思ったかいうと国家資格だからです。(えっ
でもそれだけでなく、Webサイトを作る人の中には資格はもたず独学で必死に勉強して作った自分のサイトをアピールする人もいると思います。その人達にとっては資格なんて飾りでしょう。
私の場合は、まだまだ自慢できるサイトがないのでアピールする部分がありません。
Web系の国家資格です!資格なんて役に立たないという声もちらほらあるんですが・・・

ウェブデザイン技能検定とは(資格の王道さんより

ウェブデザイン技能検定とは、ウェブサイトのデザインにあたり、国際標準規格に基づくホームページの制作及び、システム構築、セキュリティ対策などの知識及び能力を認定するWeb関連初の国家資格。

公式はこちら ウェブデザイン技能検定公式

1級~3級まであります。3級は比較的簡単にとれるそうです。

最近できた資格らしく教材があまりない感じ。
さっそく公式がお勧めする3級用のガイドブックと問題集を購入。
まずはガイドブックを読み終えました。

試験内容として学科と実技にわかれており
学科部分のについてはネットのことからセキュリティー、web製作に関することなど
多少知らない部分もあったが、それほど難しくなさそう。

実技部分についての内容を各級でまとめてみた。
どれくらいの難易度かわかるのではないでしょうか。

・3級の実技試験はテキストエディタとブラウザのみを使用。作業はHTMLやCSS
・2級の実技試験はさらにアプリケーションを使用した画像の作成やアニメーションの編集、flashやCGI
・1級の実技試験はデータベースとの連動を含むウェブサイトの構築、ペーパー実技試験(設計作業)

例えば3級の実技作業の内容は

  • 作業内容 ファイルの移動、フォルダの作成
  • リンク設定、画像配置
  • 文書の構造化→見出しや段落、リストの要素のマークアップなど
  • CSSの適用→外部スタイルシート。Link要素を使う
  • CSSのプロパティー、コーディング
これを見ると、ものすごく簡単そう・・・・。

Webサイトを立ち上げれるような人であれば1級はいけるのかな?

とおもったら問題集みたら結構ぶ厚い。
そう甘くはないかもしれない。
とりあえず3級取得して、2級、1級と目指して行きたいと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿