2011年8月11日木曜日

英語は絶対、勉強するな!をやってみた感想

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
英文の文章、技術書的なものが読めたらなーと
できれば英語のニュースが見れたらなーと
できれば会話できたらなーと

ちょと本腰いれて英語を習得しようということで
「英語は絶対、勉強するな!」というちょい前に流行った本を使ってます。
何冊かシリーズがでてるみたいで私のはちょっと古いかも

内容は英語の録音CDと、訳もなにもない英文40↑セクションくらい。
他と違うのは単語や文法を勉強していくのではなく、英語を耳に慣らさせるみたいな感じです。

やったことは
1.読み取り
最初の期間はずっと読み取り、CDをずっと聞いてそれを聞き分ける感じ。(通しだと1時間くらい)
わからない単語もあるんだけどとりあえず毎日ずっと続けて単語が聞き分けれる感じになるまで
この段階では英文は絶対みない

2.書き取り
耳が慣れてきたら、それを聞いて英文を書きとっていく。わからない単語は調べる。
あと声を出して読むのもいいらしいので、音読もする。
これが結構大変だった。何回も同じ箇所をリピートしながら書き取るので時間がかかった。
(手書きはめんどいのでテキストファイルで1セクションで1時間くらい)


読み取りを1ヶ月続けてその後書き取りは1日2セクションずつで20日くらい
(書き取りの間も読み取りは続けている)

今段階の感想は
・英語を聞き取ろうという意識は高くなった。聞き取る、書き取るという方法は英文に慣れるに有効
・1ヶ月程度ではぺらぺらしゃべったりすることはできない(当然か)
・文法まったく知らないときついそう。中学程度は必要だと思うけどわからない。
・CDの内容は、日常的なものビジネスや学生、ショッピングなどなど。いろんな状況のものがある。
で、他の教材と違うなーと思ったのは、口語的な熟語や単語が多い。たぶん実際の日常会話に近いものなんじゃないかな(自信ないけど)

続けて半年~1年以上、続けたら英文を聞き取って会話できる・・・のかもしれない。
個人的には「聞き取るという意識をもつこと」と「単語を聞き分けて書き取りの難しさ」に気づいたことが大きいなと思った。

あとはネットに転がってる英語の動画やニュースなどで同じように練習していこうかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿